「追走力」と「瞬発力」で競馬予想!!

「追走力」と「瞬発力」という2つの指数を使って予想していきます。追走力とは、道中どれだけ速く走れたか、瞬発力とは相対的に上がり3ハロンをどれだけ速く走れたか、をそれぞれ指します。

カテゴリ: 概論

こんにちは、スコットです。

昨日の記事
は本家の「安井涼太」さんにもツイッターで取り上げていただき、




PV数も一気に伸びてありがとうございました(笑)



今日は、「追走力」とのもう一つの武器、「瞬発力」について書いていきます。

まぁ簡単に言うと、上がり3ハロンの数字なのですが…。


いまや、競馬新聞でなくてもそこかしこで聞く「上がり3ハロン」について。


では、どうやって評価していくか。

そこで私が参考にしたのが、ラップといえば外せない「上田琢巳」さんの著書
ラップトリックです。




勝ち馬はこの数字でわかる!ラップトリック [ 上田琢巳 ]
勝ち馬はこの数字でわかる!ラップトリック [ 上田琢巳 ]








ここに書いてあったこと、


競走馬の上がり3Fタイムの価値を図るためにチェックすべきは次の3項目。
・同じレースに出走している他馬の上がりとの比較
・レースの上がり3Fラップとの比較
・レースの上がり3Fラップの推移


「ラップトリック」14ページより引用しました。


ここで私が注目したのは上2つ。

この上2つが示していることは

上がり3Fとはあくまで相対的なもの

ということなんですよね。


もちろん、そんなの知ってるよ!!と思う方も多数いらっしゃると思いますが、再確認するのは大事なことです。


僕は今まで、上がり3Fを評価する際に、

馬場補正と脚質補正をして、各コースの基準タイムと比較する


という手法を主にとっていました。
もちろん、上がり順位も指数に組み込んでいましたが、あくまでサブでした。

なぜなら、追走力の算出に各コースの基準タイムを用いていたからです。
それに瞬発力を組み込んで一つの指数とするには、どうしても同じように上記の手法をとっていました。

ただ、お分かりのようにそれでは、極端な例ですが、

中山1600mで32.0という超速い上がりを出したけど、上がり順位は15位

みたいな馬の瞬発力がすごい高くなってしまうんですね。

なので、今使っている「瞬発力」は

・レースの上がり3Fラップとの比較
・上がり順位


を用いて算出しています。

そうすると、当該レースにおいて、その馬がどれだけ速く上がり3Fを走れたか、が測れます。

そのようにして、今は「瞬発力」を算出しております。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

追走力とはなんだ、ということで。

追走力とは…
「スタートから勝負所となるラスト3Fまでの走破力」。
競馬において勝負区間となるのはラスト3F(直線)ですが、そこでどれだけのパフォーマンスが発揮できるかは勝負区間までに決まります。
その区間の走破力=追走力に目を向けた理論。

http://blog.livedoor.jp/keiba_tenkai/archives/cat_1337086.html

  から引用。


簡単に言うと、2000mのレースであれば、2000-600=1400m

の走破タイムのことです。

これに、距離補正と脚質補正をかけて算出するのが追走力です。

今までの瞬発指数では、

この追走力が例えば基準より1秒速いと、上がりタイムは平均0.5秒遅くなるはずだ。


みたいな仮説を立てて、指数を算出していました。

勝負どころの600mに行く前のタイムが速い=脚を使ってしまっている のに、上がりのタイムも速い馬は強い。ということでやっていました。


ただ、その指数を作ってみたものの、上記の仮説を立てる方程式が上手くいかず、頓挫してしまったわけです。


したがって、「瞬発指数」という1つの指数を「追走力」と「瞬発力」の2つの指数に分けて予想しようとしたわけです。


追走力について詳しく知りたい方は↓の書籍を読んでみてください!!






超穴馬の激走を見抜く! 追走力必勝法 [ 安井涼太 ]
超穴馬の激走を見抜く! 追走力必勝法 [ 安井涼太 ]







このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

お久しぶりです。

オリジナルの瞬発指数を作成して当ブログにアップしていましたが、わたくしスコットが調子を悪くしてしまいまして、更新が滞っておりました。

また、瞬発指数についても、発想は我ながら良いと思うのですがなかなかうまくいかず、2つの指数に分けることにしました。

瞬発指数という指数についてですが、簡単に言うと「道中どれだけ厳しい流れで走りながら、最後に瞬発力を出したか」という指数です。

という名のもとにやっていましたが、道中の指数と瞬発力の指数に分けることとしました。

道中の指数については、安井涼太氏の作った、「追走力」を基にアレンジ。
瞬発力については、上がり順位とレース上がりとの差から「瞬発力」という指数を出すことにしました。

したがって、今後は2つの指数、「追走力」と「瞬発力」の指数を使って予想を行いつつ、アップしていこうと思います。では。



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ