さて、菊沢一樹騎手が初重賞制覇を成し遂げた七夕賞の回顧です。
レース前にツイッターで

とこの日のプレゼンターだった高畑充希さんがミッキースワローの単勝馬券を買っている様子がツイートされ、実際にミッキースワローが勝ちましたし、ツイートの後、ミッキースワローの単勝オッズもかなり動いたので、サイン馬券っぽかったですね(笑)

では、このレースの追走力と瞬発力はこんな感じでした。

馬名 追偏差値 追順位 瞬偏差値 瞬順位
ストロングタイタン 66.9 1 31.3 16
ベルキャニオン 63.4 2 47.7 9
エンジニア 62.9 3 51.7 8
ウインテンダネス 58.0 4 46.0 10
クレッシェンドラヴ 55.7 5 60.2 4
ゴールドサーベラス 55.5 6 60.0 5
マルターズアポジー 54.8 7 43.4 12
タニノフランケル 54.5 8 41.1 14
ロシュフォール 47.6 9 62.3 2
ブラックスピネル 45.4 10 45.7 11
ソールインパクト 44.6 11 52.5 7
クリノヤマトノオー 42.6 12 65.0 1
アウトライアーズ 39.3 13 54.8 6
ロードヴァンドール 39.1 14 33.2 15
カフェブリッツ 35.4 15 43.0 13
ミッキースワロー 34.3 16 62.0 3

結果は
1着:ミッキースワロー
2着:クレッシェンドラヴ
3着:ロードヴァンドール
でした。

予想で本命にしたクレッシェンドラヴは2着。上がりも1位でした。文句のないレース運びでした。
勝ったミッキースワローは上がり2位。
また、4着だったゴールドサーベラスが上がり3位でしたので、瞬発力優位のレースでしたね。

実際、今あげた3頭は瞬発力も60オーバーの上位馬でした。

ただ、先行勢で唯一残ったロードヴァンドール。
これだけは今の私の予想法ではどうあがいても買えない馬でしたね。人気薄で、追走力も瞬発力も偏差値30台ですので。


まぁ競馬なんてそんなもので、自分の予想法の範囲外から来た馬はしょうがないんですよ。

「こいつはどうやったら買えたんだろう…」をやり始めるともう泥沼です。

もちろん、本来、自分の予想法であれば買えた馬を見逃したなら反省ですが、こういう場合は割り切るしかないです。

そういうのを追いかけ始めて、スタンスを崩して、獲れる馬券を逃してしまうリスクのほうが圧倒的にデカいです。
なので、割り切り。