ラジオNIKKEI賞ですが、追走力と瞬発力はこんな感じでした。

馬名 追偏差値 追順位 瞬偏差値 瞬順位
ブレイキングドーン 65.9 1 59.0 4
ウインゼノビア 61.2 2 41.1 14
ディキシーナイト 56.9 3 55.7 5
ランスオブプラーナ 56.4 4 32.7 16
ポルーニン 56.3 5 70.0 1
アドマイヤスコール 54.6 6 43.9 10
ダディーズマインド 54.5 7 42.4 13
マイネルサーパス 53.6 8 50.5 8
インテンスライト 53.2 9 50.6 7
ヒシイグアス 51.9 10 61.1 3
サヴォワールエメ 47.9 11 48.5 9
ブレイブメジャー 43.8 12 53.0 6
ゴータイミング 41.6 13 42.4 12
レッドアネモス 40.4 14 39.3 15
ヒルノダカール 37.3 15 43.6 11
ギルマ 24.4 16 66.2 2

本命は、1番人気で追走力が50を超えていたヒシイグアスにしたのですが、間違いでしたね。

3,4人気と上位人気をうろちょろしていて、追走力1位、瞬発力4位で相手筆頭にしていたブレイキングドーンを本命にするのが正解でした。
さらに、追走力天国の福島でしたしね。
これは失敗でした。

結果は、
1着:ブレイキングドーン
2着:マイネルサーパス
3着:ゴータイミング

と、今の私の追走力と瞬発力を用いた予想では掴めない2頭が2,3着でした。

こういうレースはしょうがないですね。

変にかするよりは全然いいです。

とはいえ、ブレイキングドーンの単勝は買っておくべきだったと後悔しています。
後悔というか猛省ですね。買うべき馬券でしたから。

やっぱり、馬券の基本は単複だと最近強く感じています。

そこから、馬連、ワイドがあって、更なるものが三連系かなと思います。

馬券の買い方というところでも今後記事を書いていきたいなと思います。

あとは、競馬本の紹介とかですかね。








勝てる馬券の買い方 (競馬王馬券攻略本シリーズ)
じゃい(インスタントジョンソン)
ガイドワークス
2018-09-07